2005年08月13日

旅3日目

9時半ホテル出発。
帰省ラッシュの真っ只中のため
帰れるかどうか戦々恐々としながらの最終日。

まず、和歌山城。
ここでも歴史の勉強。
一時、父親と下の弟が城巡りにはまっていたが
その気持ちの一端を垣間見たような。

それから、ぶらりと港に。
ちょいと高い丘みたいになっていたのでいい眺め。
潮のにおいもしっかりとするし。

んで、最後に和歌山ラーメン。
これも行き当たりばったりだったので、
う〜ん、いまいち。
まぁ、おかみさんが明るい人だったのでいいとしよう。

といった感じで旅はあっという間に終わり。
ちょいとホテル出るのが遅くて時間をロスしたかなと思うが、
一番遅くまで寝ていた身なのでそんなことは言いません。

今回の企画は奈良がM氏で和歌山がY氏だったので
自分はどこで何をするのか分からなかった。
それが今回の旅をぐっと良くしたなぁ。

また、行きましょう!
posted by どら at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

旅2日目

9時半ホテル出発。
道を迷いながら13時ごろ高野山到着。
まずは食事。
ごまどうふが有名らしいので食す。
うむ、まあまあだな。

それから金剛峰寺。
峰が入ってるとはいい名前だ(笑)
ここでも、お坊さんの話がgood。
勉強になりました。

そして奥の院へ。
墓ばかりの杉林を抜けて。
金剛峰寺のお坊さんは冷気で涼しいと言っていたが
霊気の間違いではないだろうか。
とても古い墓ばかりで歴史を感じた。

こうやって考えると俺らの旅行は年相応なのだろうか。
まぁ、俺は好きだけどね。
こういう旅は。
ってことは・・?
posted by どら at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

旅1日目

午前8時、名古屋駅集合。
T氏、M氏、Y氏と奈良・和歌山の2泊3日の旅。

まずは奈良。
明日香村にてレンタサイクル。
天武・持統天皇古墳、甘樫丘、飛鳥寺、酒船石、石舞台古墳などなど。

甘樫丘の展望台からはかの有名な天の香具山が。
「春過ぎて夏きにけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山」
とても田舎で田んぼの緑が綺麗。

飛鳥寺ではご住職の話がgood。
「大仏はもとは金属かもしれないが、人々の念が仏にしている。」と。

それから、昔読んだ「三つ目がとおる」に出てきた酒船石も見れたし。
通り過ぎようとしていた時にふと看板を見つけれてよかった。

明日香村の後は奈良市へ。
ホテル到着後、食事のためにぶらついていると浴衣の女の子がちらほら。
祭かな〜って思っているとビラを配っているおじいさんに遭遇。
何でも「燈花会(とうかえ)」という祭があるとのこと。
T氏とY氏が乗り気でなかったが行こうと言い張った。

そして、居酒屋で一杯やった後、8時ごろに興福寺へ。
それから歩き歩いて東大寺のほうへ。

歩くにつれて感嘆。
幻想的な世界に魅入ってしまった。
どんなってこんな感じ
カップルばっかりなのも納得。
ロマンチックすぎる。

行き当たりばったりの旅の醍醐味だなぁ。
俺たち今日は運がいい。
posted by どら at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。