2004年11月30日

柏島登場!

そう言えば・・,
この前の日曜,朝日テレビ「宇宙船地球号」で柏島出てたね〜!

新米ちゃんサンキューでした!
全く知らなかったよ。

最後の15分だけだったけど神田先生も
あのインストラクターのお兄さんも
津度さんもテレビに出てて懐かしかったっす。
もちろん柏島&黒潮実感センターと海+桟橋も懐かしかった。
あぁ,去年の夏はあそこで泊まったんだなぁって。
そう思うと,また行きたいと思うと同時に
大学生に戻りたいと思ってしまった。

でもやっぱ神田先生は格好いいよな。
夢を追いかける+ひたむきになるって素敵だ。
posted by どら at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月29日

予測範囲外

あるイベントの告知文より。
●プチ・ケーキで感動を与える喫茶店

 平野さん行きつけの喫茶店は、いつも空いているので、物書きの
 仕事がはかどって良いそうです。
 ところがある日、平野さんはいつも通り喫茶店に入ると、何故か
 込んでました。

 その理由は直ぐにわかりました。
 メニューが変わり「プチ・ケーキ付ランチ」が追加されました。
 若いOLさんたちがそれを目当てにやって来ます。

 何やらOLさんの会話が聞こえてきました。

  OLさん 「何よ、このケーキ。」
       「本当に小さいじゃない!」

 このプチ・ケーキはOLさんには不評のようでした。

 また別の日のことです。

 平野さんは喫茶店に行きました。
 今日もとても込んでますが、先日とは様子が違います。
 メニューから「プチ・ケーキ付ランチ」は外されてました。

 食後の店員さんとOLさんの会話が聞こえてきました。

  店員さん 「食後のケーキをお持ちしました♪」
  OLさん 「えっ、ケーキが付いてくるの?ありがとう♪」
  店員さん 「お店からのプレゼントです♪」

 この喫茶店のサービス(プチ・ケーキ)は変わってません。
 変わったのはその演出方法です。

  (1)メニューから「プチ・ケーキ」を外した
  (2)「プチ・ケーキ」はお客さんに内緒にした
  (3)食後に「プチ・ケーキ」を出した

 この喫茶店はOLさんに満足ではなく、感動を与えることで
 OLさんに大人気の喫茶店に生まれ変わりました。
 実は人を感動させることは、コツさえ知っていれば誰にでも
 出来るんです!

なるほど・・。
そう言えば中村文昭さんも同じような言葉を言っていたな。
「サービスは予測を裏切ること。」

残念ながら俺はまだできていない。
posted by どら at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月27日

紅葉

紅葉の季節も盛りを過ぎようとしている。・・と思う。

紅葉といえば香嵐渓(愛知県では)。
昔は毎年一度,朝7時ぐらいに香嵐渓へ行って,
竹筒のうどんと五平餅を食べ,
そして,さらりと紅葉を見て帰るという習慣があった。
まぁ,紅葉よりうどん優先だが。
という訳で,もみじの紅葉のすばらしさはあまり覚いない。

でも,その道程にあるお寺の銀杏の樹は忘れられない。
清々しい青空にすばらしく映える黄色。
どんな紅葉よりその銀杏の紅葉は素晴らしかった。

という訳で,俺はもみじの紅葉より銀杏の紅葉の方が好き。
高知大学にも銀杏がある。
共通教育の掲示板近くのそれはこの時期すばらしい黄色に色づく。
いつもそばを通っては眺めていた。

今年は銀杏の紅葉を見てないから寂しい。
いつか家の庭に植えたいものだ。
posted by どら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月20日

多羅葉

たらようっていう木をご存知ですか?
この木の葉は変わっていて,
裏を尖ったもので引っかくと茶色に変色して、
やがてくっきりその線が浮きあがる。

そんな葉が先日うちに郵送されてきた。
120円切手が貼られていたそれは
住所通り送られてきた。

文字通り「葉書」が送られてきたのだ。
そう,たらようは葉書の語源と言われている。
http://www.nikkoseed.co.jp/tarayou/sub164.htm

意外と身近にあるかもね。
こんな面白いことが。
posted by どら at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月15日

信じる

LD代表のひろさんのブログに書いてあった。

最も大切なのは、『信じること』だと思う。

理想だって、そう。

その理想や戦略が達成できると信じられなければ、
それらに何の価値もないし、無意味なものになる。


その通りかもしれない。
そして・・

全ては自分を信じることから始まる。


輝いている人は皆,自分を信じている。

自分の夢や成長を阻むのはただ一つ。
自分自身のみ。
自分を信じれなくなった時,歩みは止まる。
そう感じた。

でも,自分を信じることができると,再び歩みは始まる。
posted by どら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

戦略

この言葉を聞くと日露戦争を思い出す。
日本はロシアと戦うために緻密な戦略を練った。

国内の経済が破綻寸前なので短期決戦にする。
そして,五分五分までもって行ってアメリカに介入させる。

その流れの中で,どこでどのような戦術をとるか。
誰をどんなポストに配置するか。
どのようにアメリカに介入させるか。
非常に緻密に計算された論理で戦略を積み上げた。

その戦略による役割を個々人がしっかりと把握し遂行した。
その結果,ご存知のように辛うじて日本に勝利をもたらした。

戦略とは目的達成の大前提である。

そう,今日のLDのセミナーで感じた。
自分自身の目的達成も然りである。
posted by どら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月13日

救世主

今日のブロードキャスター。
お父さんのワイドショー講座では
第3位に「ホリえもんのどこでもライブドア」がランクインした。

パ・リーグの新規参入に失敗した堀江社長。
競馬界でも救世主の呼び声が高いそうだ。
何でも高崎競馬への参入が決まったらしい。
って,高崎競馬がどこにあるのか知らないが。
東海地方では笠松競馬(岐阜)が堀江社長にラブコール中。
岐阜県知事の梶原拓との会談も今後予定されている。
岩手もラブコール中だとか。
どこの地方自治体にとっても競馬場はお荷物なんだなぁ。

ところで,何と高知競馬にも参入が決まったらしい。
今期の第二・四半期で約6千万円の赤字を出し,
更にはるうららの引退で売上が低下し,存続が危ぶまれている。
そんな高知競馬の救世主となるのか!?
はるうららから堀江社長にバトンが渡された。
どこまで立て直すことができるのか,かなり興味津々である。
posted by どら at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月12日

朝の偶然

今日の朝,いつも通り会社を出て左に折れる。
その時,向こうから自転車に乗った若者が猛然とダッシュ。

・・んっ!?
どこかで見たことがあるような・・。

・・えっ!?
とっしー(木下君・ふじやま繋がり)では・・。

俺は彼を凝視する。
彼は俺の横を通り過ぎる。

まってぇ〜!
とっし〜!

思わず叫んでしまった。
ちょいと,うら若き少女の気持ち。

彼は振り向いて,何かを言った。
しかし,その何かは聞き取れなかった。

そのまま彼は行ってしまった・・と思う。
俺もそのまま駐車場へ。

それにしても,彼は俺(山口)だって分かったんだろうか?
まぁ,どちらにしても朝からいい気分で仕事ができたことは言うまでもない。

っていうか,彼は大阪配属ではなかったのだろうか?
半年で転勤か?
それとも出張?
ところで,何で自転車?
疑問は尽きない。
posted by どら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月10日

工事

最近,道路工事が多い。
特に高速道路。
毎日毎日行われている。

東名なんて10km,20kmの渋滞なんてざら。
これが東名阪だったらと考えると恐ろしい。
仕事ができなくなっちゃうからねぇ。

それにしても,そんなに工事する所ってあるのかねぇ。
特に高速道路なんて工事いるの?

それよりもお金かけるところなんていくらでもあるような気がするけど・・。
まぁ,変な会館だの何だのを作るよりかはましだが。

ほんと住民のことを考えていないような税金の使い方に疑問を抱く。
俺が政治家になったろか!!(笑)
posted by どら at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月09日

意味・由来

2006年1月に津市が合併する。
その中に現在一志郡という所がある。
高速道路を伊勢に向かうと途中にある。
看板には一志嬉野と書いてある。
初めて見たとき何ていい名前なんだと思った。
が,2006年にはもしかしたら消えるのかもしれない。

私の故郷は元,碧海郡であった。
とても気に入っている名前だ。
でも今は人の記憶の中にのみ存在している。

このように昔の地名が消えていくのは悲しいことだ。
何故ならば,そのひとつひとつにはそれぞれ意味があり,
それらが消えるということはその意味・由来が消滅するから。

意味・由来というのは奥が深い。
自分の預かり知らぬところで存在しているから。
そして,そのものをより鮮明に表現している。

大切にしたいものだ。
地名もそうだがあらゆるものの名。
自分の名前も。
posted by どら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月08日

ヤバイっす。

かなりヤバイっす。
メールボックス開けた瞬間,唖然。
英文の羅列が勢揃い。
こんな経験いまだかつてなかったので,悪寒が。

しかもどれも同じような件名。
アドレスは見たことあるのやらないのやら。

人間,開けてはいけないと言われると開けたくなる。

俺も人間。

開けたい,でも開けたらパソコン使えなくなるよなぁ・・。
って何度開けようとしたことか。
でも,決意して一括してゴミ箱へ。
そして,ゴミ箱を空にした。

あぁよかった,と思うと同時に寂しくなったのは何故だろう。
でも,明日もわんさかと送られてくると困るよなぁ。

って,何故に急にこんなに増えたのだろうか?
俺のがヤバイのか?
どこか知らないところで迷惑かけているのだろうか?

そんな恐さを感じつつ,でもどうすべきかも分からない。
無知って罪なんかなぁ。
posted by どら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月07日

目的

今日は「お金でなく,人のご縁ででっかく生きろ」著者の
中村文昭さんの名古屋第2弾講演会に行ってきた。
と言っても第一弾は残念ながら参加できなかったが・・。
前回参加者の方々から良かったというお話を伺っていたので,結構楽しみにしていた。

今回参加して初めて知ったのだが,中村さんは飲食店を経営されている。
そこはレストランであり結婚式場でもある。
この結婚式場,中村さんがいろいろな人の結婚式を見てきて,
おかしいなと感じたことからやり始めた事らしい。

まず,挙式をする人には何故結婚式をするのかを問い詰めるそうだ。
主役である新郎新婦が本気にならなければいいものができないし,
来ていただく友達等々にも失礼であるから。

式を挙げることに意味を見出し,よりいいものを作ろうと頑張ることで,
新婦のみならず新郎が泣いてしまう式を作り出すことができるらしい。
さらに,そこに集まった人も感動させ,新たな顧客もそこでゲットできるとか。
そんな話を聞いて,自分も一度参加してみたいと思った。

さて,話はそこから始まって修行時代の話に移った。
師匠には若いうちは金を貯めるな,物を買うなと言われたそうだ。
金は道具であり,頭を鍛えるために使えとのこと。
そこで,中村さんは超一流に接した。
10万超もする寿司屋やクラブ,ホテル等々に行き,超一流に接することで,
これから自分が目指す頂点の基準を作ったそうだ。
その基準を明確に持つことで,自分の現状と比較し,
そこに到達するには今何をすればよいのかを逆算していったとのこと。

等々,今回は中村さんの自伝を踏まえながら,
ご自身が何を基準に生活し,
今に至ったかを面白おかしく話されていた。
エンターテイナーであり,さすがサービス業だと思った。

このように,いろんな講演会で話される人たちの共通点は
目的を見失わないことだと思う。
また,その目的に即した目標をいつ達成するかを明確にし,
鮮明にイメージして,今何をすればいいのかをしっかりと把握している。
ということをつくづく感じた。
そして,最後はやはり諦めないということ。
これができるかできないかで人生が変わってくると感じた。
posted by どら at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月06日

民意

ブッシュが再選され,
イラクでは米軍の占領が続く。

民主主義とは何か。
過半数。
武力。
資金力。

憤りを禁じ得ない。
posted by どら at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月05日

変化

横浜市のバス停の運営は民間がしているそうだ。
今までは市が管理・運営していたが,
負担が大きいので民間に委託したとのこと。

そこで,民間がしたことは・・バス停に広告を貼った。
バス停といってもポールだけのものではなくて,
ガラス張りの囲いがあるもの。
そのガラス張りの一面にでかでかと広告を貼ったのである。
今までは全く広告のなかったところであり,
バスを待つ人は必ず見るので,
いい宣伝になると考えてのことらしい。

何事もアイデアひとつでビジネスになる時代。
国・地方自治体もアイデアを持ってして
この大借金時代を乗り越えなければいけない。

これからは公務員こそがやり手の経営者なり営業マンなりに
ならなくてはいけないように感じた。
posted by どら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月04日

理解

ある人のブログのコメントに書いてあった。
自分自身にもどかしさを感じた時,
「自分を変えることではなくて,自分を理解することからすべては始まる」と。

以前,夢に関するセミナーを受けたことがある。
夢を実現するには今の現状と将来の夢がはっきりしていなければならない。
何故ならばその2つが明確でなければ,自分の進む道も明確ではないから。

例えば,今自分は名古屋にいて,
行きたい所が高知だったら行き方はおのずと絞られる。
それが,今自分がどこにいるのか分からず,
それでも高知に行きたいと思っても,
到底行き方なんて分かる訳がない。
それは逆の場合も然りである。

だからこそ,現状と夢(目標)はより具体的で明確な方がいい。

そう考えると冒頭の言葉もはっきりと理解できる。
前に進むのにも,まず自分を理解することから。
結構できていそうで,できていないような気がする。

友人にさらけだす・ねぇ・・いい方法だな。
posted by どら at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

社会起業家

今日はソーシャルアントレプレナーの会に行ってきました。

目的はかものはしプロジェクトの村田さんの話を聞くこと。
以前,ネットサーフィンでかものはしプロジェクトのことを知り,
その代表を当時学生の村田さんがしていることに驚いたことがあった。
それ以来,一度会ってみたいと思っていたので,今回はとてもいい機会だった。
時間は短かったが,彼女の熱い想いとプロセスを知ることができた。
今回,村田さんの話を聞いていて,小松さんを思い出した。
小松さんはメキシコでストリートチルドレンを支援する活動をしているのだが,
その人道的活動を熱い想いで行っているという点で
村田さんと通じるなと思った。

講演後の懇親会でもお話する機会があったが,
とても落ち着いた口調で,かなりの困難を乗り越えてきた自負が感じられた。
また,危険な地域で人道的な活動をしている人の話題になったとき,
まず自分の命を大切にしなければいけないと仰っていた。
それは,その人が救うであろう何万人もの人が救えなくなるから。
村田さん自身,危険な地域で活動しているからこそ,
その言葉にかなり重みがあった。

村田さんにしても小松さんにしても,
やはり自分の想いに忠実に行動している人は凄い。
特に危険を冒してまで人道的活動をしていることに尊敬の念を禁じえない。
本当に今回はとてもいい機会だった。


さて,ところで今回は他にETICの井上さん,FC10minの木村さん,
速水林業の速水さんのお話もあった。
その中でFC10minの木村さんの話は興味深かった。
木村さんは誰でも入れるサッカーチームを最初8名で発足させた。
その後,誰でも入れるというところがうけ,
6年経った現在,200人に規模が膨らんだ。
将来的にはいろいろなジャンルを加味した
総合市民スポーツクラブを目指しているそうだ。

その総合市民スポーツクラブ。
世界的に大規模なのがFCバルセロナ。
スペインリーグで活躍しているので多くの人が知っていると思うが,
実はあれはバルセロナ市民10万人が加盟している
総合市民スポーツクラブの一部だそうだ。
他にもテニスやバスケ等々,様々なスポーツがあり,
オリンピック選手も輩出しているとか。
この話を聞いてへぇ〜だったが,予算規模はもっとすごい。
年予算は120億円で,その1/3の40億円を会費で賄っている。
この仕組みは100年がかりで作られたようで,そのスケールに驚いた。
全く知らなかった話で,こちらもとても勉強になった。

また,速水林業の速水さんの話も面白かった。
林業で最近,適切に伐採・管理されているという証明で
FSCというものが出てきたそうだ。
簡単に言うと木のJASマークみたいなもの。(だと思う)
この認証をいち早く取ったのが速水さん。
森林を愛するからこそ,このような素早い行動が取れるのだと感じた。

この速水さんの話を聞いて,黒潮実感センターを思い出した。
黒潮実感センターとは高知県の柏島にあって
柏島全体を海のミュージアムとし,里海を保護しようと活動している。
具体的には間伐材を海に植林し,イカの産卵場を作ったり,
珊瑚礁の研究,保護を行ったりしている。
このセンターの長,神田先生は海を守るという想いを持って,
黒潮実感センターを立ち上げ,活動しており,
自然を守るという点で速水さんと繋がるなと感じた。
余談だが,高知県の橋本知事と対談したことがあるらしい。
そう聞くと,自然といえば高知なのかなと想ったりなんかもした。

さて,この講演後の懇親会もいろいろな人と話せて面白かった。
万博でシンポジュームを開こうとしている学生。
結構話が進んでいるようでG-netの秋山さんや
愛知県知事を呼んだりする予定だそうだ。
また,某人材系企業に内定している学生で,
将来的には独立を考えている人とか。
面白い人たちがたくさんいた。
やはり,テーマが社会起業家ということでいろいろと動いている人が多かった。

また,最後に木村さんとお話する機会があったのだが,
その中で,自分の甘さなりが浮き彫りになった。
問題を問題として認識していなかったり,そのままほっておいたりと・・。
こういったことを知ることができたのもいい機会だった。
posted by どら at 23:59| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。